母乳をあげたい気持ちを妨げるもの

そこそこ母乳が出ているのに母乳をあげたいと思っているママの気持ちを妨げることがたくさんあります。

ミルク全盛の時にママを育てたおばあちゃん。
一番のママの味方でもあるけれど 母乳を飲んでも寝てくれない赤ちゃんに
「足りないならミルクをあげればいいのよ」・・・体重増加が十分でもこう言われます。
「哺乳びんにも慣れておかないとね」
と母乳をがんばろうとしているママに心ない声をかけます。

産院にいるミルク会社の栄養士さん。
(ぱっと見分からないこともありますがミルク会社の名前の入ってるものを持ってられると思います)
ミルク会社の方ですから 自社のミルクをすすめます。
母乳が一番と言いながら 足りなければミルクを足しましょうと言われます。
個別指導では体重増加が正常範囲でも少なめであれば足しましょうと言われます。

医療従事者の中にもミルクを与えておけば安心と考えている方もおられます。

母乳をあげたいと思っておられるママは
正しい知識と母乳で育てたいという気持ちをしっかり持ってくださいね。
ミルクを足すようにと言われたときには 
母乳育児について一緒に考えてくれそうな助産師に相談してみてくださいね。

ミルクが悪者だと言っているわけではありません。
母乳をあげられるのにミルクを勧められている場合のことです。
新生時期の赤ちゃんの体重が18g/日以下の増加量の時はミルクを足した方がいいですので
このときもあなたの信頼できる助産師に相談してくださいね。




mommyandme_jp at 22:01|Permalink 母乳のこと