妊娠中とアロマテラピー

 妊娠中は、たくさんのホルモンの影響でなんとなくだるく感じたり、むくみやすかったり、皮膚がかゆくなったり、病気ではないけど気分爽快でもないという、微妙な体調ですね。もちろん、個人差はかなりあり、中には普段より妊娠してからのほうが元気になられる方もおられます。
なんとなく・・・というときに妊娠中だし、薬も気軽にのめないし・・・
 こんなときにアロマテラピーを利用してみてください。
きっと、心地よい香りが体をリラックスさせてくれ、ほんのひと時でもマイナートラブルから開放されるでしょう.。
 香りを楽しむだけならあまり問題はないのですが、妊娠中には不向きな精油もあります。

シダーウッド、セージ、ユーカリ・デイビス、ラベンダー・ストエカス、ラベンダー・スピカ、ローズマリー、

主にこれらの精油は、妊娠中は控えましょう

クラリセージ、ペパーミントは、低濃度で使うようにしましょう。 
 また、妊娠中はデリケートになっているので、普段は大丈夫でもオイルマッサージなどするときには必ずパッチテストをしてから使用しましょう。



mommyandme_jp at 00:03│ アロマの部屋