便秘のとき

 便秘にならないためには、規則正しい生活、特に食事に気をつけるのが大切です。
食物繊維の多い野菜、果物などを多く取り、水分もよく摂りましょう。
ストレスをためないように気をつけ、トイレに座る習慣もつけましょう。

 特に妊娠中は大きくなる子宮で腸も圧迫され、蠕動運動が妨げられます。
また、プロゲステロンというホルモンの分泌が多くなることによって、消化管の筋肉が弛緩します。
だから、妊娠中は、消化管は大きくなる子宮で押さえつけられるし、
そのものの運動も弱くなるので、どうしても便秘になりやすいのです。

 その上に、貧血で鉄剤のお薬などを内服されていると、さらに便秘になりやすくなることも多いです。

 妊娠中は思いっきり力を入れて排便することは避けたほうがいいので
フーッと息を吐きながら少しずつ力を加えていくようにします。

 おなかを大腸の走行にそって時計回りにマッサージすると効果的です。
腰やおしりのあたりもマッサージしてみましょう。

benpiキャリアオイル 30ml
       ローズウッド  3滴
       ネロリ      1滴
       パチュリー    1滴

 

パチュリーには自然の流出をとめたり、妨げたりすることはせず、異常なゆるみがあるときだけ、それを引き締める働きをするので、下痢や便秘、浮腫やたるんだ皮膚によいようです。



mommyandme_jp at 00:21│ アロマの部屋