母乳パット乳カス

妊娠中の体重制限と赤ちゃんの病気について。

 先日 マタニティフィットネス協会の研修会で福島県立医科大学付属病院 産科周産期母子センター副部長をされている高橋秀憲先生のお話をききました。

 今までの妊娠中の健康管理を見直していかないといけないと思う内容でした。

 まず、妊娠中の体重管理について。

 今までは、妊娠中の体重増加はよくないといわれ、妊娠前の体重が標準体重なら+8kgまでと言われていました。
妊娠高血圧症や合併症の予防のため、と言われていましたが、とくにこの8kg増加に根拠はないのだそうです。
先生の研究によれば、妊娠中の体重増加は 母体貯蔵脂肪量 2〜3kg 組織液 1,5kg 子宮、乳房 1kg 血液 1,5kg 胎盤,羊水、胎児 4,5kg で合計+11,5kg が妥当なところではあるけれど、妊娠中の食事制限により 一時的でも胎児が低栄養にさらされたり、低出生体重児で生まれることは とても危険なことだそうです。

 ちなみに体重増加と妊娠高血圧症の発症にも特に関連性はないそうです。

 そして、今日本では、低出生体重児で生まれてくる赤ちゃんの割合がとても高くなってきているそうです。

 胎児の成長途中の段階で低栄養にさらされると 遺伝子レベルでシトシン塩基にメチル化が起こり その後の栄養、運動、生活環境によりいろいろな症状を発症していくことになり、その子が成人してから、またはその子の子孫にまで影響をあたえることになるそうです。

 どんな影響かというと 高血圧 冠動脈疾患 2型糖尿病 脳梗塞 脂質代謝異常 血液凝固能の亢進 神経発達異常 など、成人病の原因が胎児の段階で作られているということです。
先進諸外国では 妊婦の体重制限をしているところはなく、日本のこの状況をとても危険だと指摘されているそうです。

小さく産んで大きく育てるは大間違い

 小さく生まれた子は遺伝子レベルで大きくなろうとする傾向にあるので 正常の体重で生まれてきたこと同じように栄養をとっていても体重増加の割合が急激で 糖尿病の発症率がとても高くなるそうです。
小さいからどんどん大きくなってくれれば安心、というわけではないのですね。

母乳の効果

 小さく生まれてしまったから、やせている妊婦さんだから もう手遅れってことはなくて 母乳を飲ませることで 高血圧、肥満、2型糖尿病 高脂血症などを予防できるそうです。
だから、母乳はたとえ混合でも与えることはとても重要で 妊娠中の低栄養だったことなどをなかったことにしてくれる可能性を秘めているのだそうです。

 母乳育児をされなかったことが成人期高血圧のリスク因子にあがっていることは私も知りませんでした。赤ちゃんの将来の健康にまで影響する母乳、母乳が少しでも出るならおっぱいを飲ませてあげるのは 親としてやってあげないといけないことですね。

トランス脂肪酸の危険性

 ジャンクフードやマーガリンの生産過程で産出される きわめて安定型な脂肪酸。摂取すると細胞膜の不安定化や細胞内機能異常に伴う細胞のガン化、HDLコレステロール低下に伴う虚血性心疾患など様々な病気に関与しています。コンビニのおにぎりなどにも食感をよくするために油が使われていて やはり健康を考えるなら 手作りの 昔ながらの日本食をとるように心がけたいものです。

アレルギーを予防するためにする除去食

 アレル源になりやすい卵、牛乳などを 妊娠している女性にアレルギーがあるわけではないのに予防のためと除去してとらない というのも妊娠中の低栄養の危険性だけがあり 無意味なことだといわれていました。
子どものアレルギーを予防するには まずは母乳を飲ませてあげること。主なアレルギーの原因の卵の卵白を与え始める時期を遅くしたり、魚アレルギーのない子であれば 離乳食の早い時期から魚を与えるのがいいそうです。 
 魚に含まれている不飽和脂肪酸に抗アレルギー効果があるのだそうです。 

妊娠中の運動との関連

 やせすぎの女性が妊娠されると 赤ちゃんは低体重になりがちです。
けれど 運動をして体の循環をよくすると 赤ちゃんの体重は正常範囲になる方が多いそうです。

 妊娠中の生活はよい栄養摂取を心がけ よく動き いい生活習慣を身につけるのが大切だと改めて感じました。母乳もたっぷり飲ませてあげましょう妊娠前の体作りも大切ですよ。

 
 



mommyandme_jp at 17:06│ 母乳のこと 
母乳パット乳カス